• HOME
  • 住宅ローンと年収

住宅ローンと年収のバランスは?

今回は、住宅ローンと年収の関係についてお話したいと思います。

一般に、「住宅ローンは年収の*倍までOK」というような言い方をします。

住宅ローン返済の原資は基本的には、給料などの年収ですから、年収の多さと住宅ローンの借り入れ限度額には関係がありそうです。

まず、年収の最低限度額はあるのでしょうか?

旧住宅金融公庫では、年収によって必要とされる返済負担率を規定していました。その中に年収350万円未満というカテゴリーがありました。

逆に言うと、年収が350万円あれば、フラット35を利用できる最低条件はクリアしているということになります。

一般には、年収200万円以上であれば、住宅ローン審査に合格する事例があるようです。

年収そのものよりも重要なのは、先ほども話のでた返済負担率だと思います。現在の住宅金融支援機構が推進しているのフラット35の利用条件をもう一度整理すると、下記のようになっています。

◆ 年収400万円未満:返済負担率30%以下
◆ 年収400万円以上:返済負担率35%以下

年収が500万円だと仮定しましょう。返済負担率を35%とすると、1年間の返済額は500万円×0.35=175万円になります。

月々均等に返済する場合には、175万円/12=14万5833円です。一方、フラット35を利用して、年利3%の35年ローンを組んだとします。月々の返済額が14万5833円になる元金は3789万3533円です。

年収を基準に考えると、借り入れ額は年収の7.57倍になります。結構多いですね。

この額は年利によっても変わりますが、基本的に年収の7.5倍以上のローンは組めないと理解したほうがいいと思います。

では、返済負担率を30%にして同じ計算を繰り返してみましょう。1年間の返済額は500万円×0.3=150万円になります。月々均等に返済する場合には、150万円/12=12万5000円です。

上記の14.5万円に比べると、やや楽になるという感じですね。

ローンの条件は先ほどと同じとすると、元金は3248万171円になります。年収との比率は、6.5倍に相当します。これは、フラット35でいうと、年収400万円以下の人の組めるローンの最大限度です。

私自身は、これでもまだローンの返済は厳しいと思います。私自身が推奨している返済負担率は最大でも25%です。

その場合、どの程度の比率になるでしょうか? 1年間の返済額は500万円×0.25=125万円になります。

月々均等に返済する場合には、125万円/12=10万4166円です。返済負担率を35%の時の14.5万円に比べると、およそ2/3程度になります。

ローンの条件は先ほどと同じとすると、元金は2706万6809円になります。年収との比率は、5.4倍に相当します。

私自身は、もう少し低い返済負担率で住宅ローンを組んでいます。

それでも結構厳しいなぁと実感しています。年収が右肩上がりに増えていくとは限らない昨今、くれぐれも無理をしないことが一番だと思います。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!