• HOME
  • 住宅ローンの流れ

マンション・建売住宅の住宅ローンの流れ

今回は、住宅ローンの一般的な流れについてお話したいと思います。

住宅の購入は、おそらくほとんどの人にとって、人生で一番高い買い物だと思います。大金持ちの方は別として、ほとんどの人は現金で一括購入することはできず、ローンを利用することになります。

住宅ローンは、土地や住宅の取得を目的としたローンで、一般的なローンより割安になっています。

さて、住宅ローンの一般的な流れをみていきましょう。マンションや建売住宅を購入する場合、土地と建物を一括して購入しますが、土地を購入した後、注文住宅を購入する場合、土地と建物の購入時期が別々になります。

まず、マンションや建売住宅、中古住宅などの場合の流れは、おおむね以下のようになります。

1.大まかな予算の検討と購入対象の選択
まず、年収や預貯金などから、ローン金額を含めた大まかな予算を設定し、それに沿った住宅を検討することが一般的だと思います。場所、マンションか一戸建てか、新築か中古か、家のサイズ、など様々条件から、予算に見合った中で、購入対象を選ぶ必要があります。

2.支払い方法の検討
購入対象のイメージが固まると、概算の予算を検討します。購入金額以外にどの程度の諸経費が必要かを調べ、拠出できる頭金から、ローンとして借り入れる金額を概算します。どのような方法でローンを組むかなどは、金融機関でも相談に乗ってくれますので、ローンの方針を決定します。

3.ローンの申し込みと事前審査
ローンの方針が決まったら、実際に金融機関に申し込みを行います。金融機関は、事前審査を行い、申込者の支払い能力や信用度などを調査します。

4.売買契約
金融機関の事前審査に合格し、ローンを組むことができる見通しがたったら、売主と売買契約を結びます。

5.本審査
正式に住宅ローンを申し込みます。本審査を行うのは、金融機関ではなく、住宅ローンが破綻した場合に債務を保証する信用保証会社です。事前審査ではOKだったものが、本審査ではNGということもありえます。

6.ローン契約
対象となる土地と建物の保存・移転登記を行い、抵当権を設定します。金融機関とローン契約を結びます。

7.ローン実行
ローンの借り入れ金を金融機関から受け取ります。売主に物件の代金を支払い、引渡しが行われます。この段階で、ローン取引は完了です。翌月からローン返済がスタートします。

結構、ステップが多く、大変だなぁという印象を持たれる方も多いかも知れません。実際には、自分ひとりで全てを決めていくわけではなく、住宅メーカーの方や金融機関の方からいろいろアドバイスを受けながら進めていくことになります。

私自身のケースを振り返ってみると、よくわからないうちに、あっという間に話が進んでいったなぁ、という印象ですね。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!