• HOME
  • 住宅ローン事情その3

私の住宅ローン事情体験談その3

前回、前々回と、私自身がどのように住宅を選定して、住宅ローンを申し込んだかをお話しました。

今回は、引き続き、私が選択した住宅ローンの種類についてお話したいと思います。

当時は、ゼロ金利時代が終わり、これからどんどん金利が上昇していく可能性が高いと予想されていました。ハウスメーカーの営業マンも、私の知人も、こんな低金利で固定金利型ローンを組める最後のチャンスだ、と口をそろえていっていました。

当然、フラット35がベストの選択肢だとアドバイスを受けました。しかし私には、固定金利型を選択した後、金利が上がらなかった場合のリスクヘッジができないことが気に入りませんでした。

そこで選択したのは、2種類の違うタイプのローンを組み合わせることでした。ローン額は変動金利型:固定金利型が1:2になるようにしました。

当時は、全額固定金利型にしなかったことで、周りの人間からやや変人扱いされたように感じました。住宅ローンの返済が始まってまだ5年ですが、その後の金利は一進一退といったところで、契約時とさほど変化していません。

現在でも、変動金利型のほうが当時の固定金利に比べて圧倒的に安い状態です。今では、もっと変動金利型の比率を増やして、1:1程度にしておけばよかったとさえ思っています。

変動金利型と固定金利型を組み合わせる最大の利点は、繰上げ返済をする際にその時金利が高いローンの繰上げ返済をすれば、さらに金利変動リスクを低減することができます。

今のところ、繰上げ返済をする余裕がありませんが。

建物分のローンは旧住宅金融公庫のフラット35だったので、融資の実行は建物の引渡し,登記が終了した後になります。

従って、建物建設に伴う中間金・竣工金などについて、必要に応じてつなぎ融資を受けました。

建物が竣工して、土地分と建物分を合わせた団体信用生命保険に加入しました。団体信用生命保険については、あまり選択の余地はありませんでした。昨今のような3大疾病特約などは、当時は無かったように思います。

保険金額はローン残高から自動的に決まります。団体信用生命保険については、言われるがままに加入したという印象です。

また、火災保険にも加入しました。保険期間は35年で、補償対象は建物の時価です。

今にして思えば、新価を補償対象にしたほうがよかったと思っています。家財に対する補償はつけませんでした。

また、地震保険にも加入しませんでした。どちらもつけなかった理由は、補償額に対して保険料があまりに割高だと判断したためです。

以上が、私の住宅ローン事情です。この選択が正しいと主張するつもりは毛頭ありません。あくまでも、参考にしていただければ幸いです。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!