• HOME
  • 住宅ローンとブラックリスト

住宅ローン審査とブラックリストの関係は?

今回は、ブラックリストについてお話したいと思います。

ブラックリストという言葉は、一般生活でも使われるケースがありますが、一般に、何らかの理由で警戒しなければならない対象の一覧です。

金融業界でのブラックリストとは、融資や借金などの返済を延滞した場合などのいわゆる事故情報を、信用情報機関を通じて金融業界全体で共有するしくみを指します。

どこかに黒いブラックリストというものが存在するわけではありません。一般に事故情報が有ると確認されれば、金融機関から融資を受けることは非常に難しくなります。この状態を一般にブラックリストに載ったといいます。

ブラックリストに載った状態で、住宅ローンに申し込んでも、ローン審査の段階でまず100%拒絶されます。ローン審査で不合格となった場合に、金融機関は不合格の理由を教えてはくれませんが、過去に金融事故があったというケースも多いようです。

さて、どのような状態になるとブラックリストに載るのでしょうか?

一般に、ローンやキャッシングなどの返済を3ヶ月以上延滞すると、金融事故とみなされ、ブラックリストに載るといわれています。

一度ブラックリストに載ると5年間は事故記録が消えません。言い換えれば、5年間は住宅ローンを組むことはできなくなります。

また、自己破産をした人や個人再生手続きをした人などもブラックリストに載ります。この場合は、7〜10年間はリストから消えないようです。

信用情報機関の事故情報以外にも、各金融機関は自社基準に基づいた返済状況のデータベースを持っているといわれています。

数日の延滞であっても、延滞の回数が多い場合には、その金融機関の自社データベースに載ることがあります。

その場合、一定期間カードが使えなくなるなどのペナルティを課せられる場合もあり、ブラックリストに載ったと思われる方が多いようですが、あくまで自社データベースに載っただけでブラックリストには載っていない、というケースも多いようです。

その場合、他社に住宅ローンを申し込んだ場合、ブラックリストには載っていないのでOKがもらえる場合でも、その会社に住宅ローンを申し込んでも拒絶されることがあるので、注意が必要です。

いずれにしても、住宅ローンは、金融機関がその人を信用してお金を貸すというしくみです。

金融機関が信用できないと判断すれば、住宅ローンのような高額のお金を貸してはくれません。ブラックリストや自社データベースに載っている状態では、「心を入れ替えたので、信用してください!」といっても、信じてくれる金融機関は皆無だということです。

何の返済であっても、くれぐれもリストに載らないよう、慎重に返済することをお勧めします。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!