• HOME
  • 住宅ローン破綻の対処法

住宅ローンが破綻しそうなときはどうする?

前回は、住宅ローンが破綻した場合、どのような過程を経て最終的にどうなるのかをお話しました。

今回は、住宅ローンが破綻しそうな場合に、どのような対処法があるかお話したいと思います。

昨今の厳しい経済状況に伴い、職を失ったり、年収が低下したりと、住宅ローン返済の計画が大きく狂う事態がおきるケースが増えているようです。

前回確認したとおり、住宅ローンの返済が滞ると、最終的には住宅を失うばかりではなく、まだ借金が残っているという悲惨な状態も起こりえます。

住宅ローンが破綻してしまう前に、何か対処をすることはできないのでしょうか?

絶対に行ってはならないことは、住宅ローンの返済をするために、新たな別の融資を受けることです。いわゆる自転車操業と呼ばれる状態で、非常に危険です。

一般に住宅ローンは、他のローンよりも低金利に設定されています。建物や土地を担保にしたローンは組めませんから、別の担保がない限り無担保ローンを組むことになります。

その場合、カードローンや消費者金融など住宅ローンに比べ圧倒的に高い金利となります。無担保ローンを短期のつなぎとして、確実な返済のあてが有る場合は別ですが、一般には、低金利な住宅ローンの返済ができない状態で、より高金利のローンを返済することは非常に困難です。

では、どのような対処をすべきでしょうか?

まず、債権者である金融機関に相談すべきです。それも、延滞する前に相談すべきだと思います。

金融機関にとっては、住宅ローンの延滞があっても保証会社が弁済してくれますので、痛くもかゆくもありません。

しかし、金融機関によっては、その段階で選択可能な対策をアドバイスしてくれることも多く、ローン返済の破綻を回避できる可能性があります。

例えば、年収が低下して月々の支払いが厳しくなってきた場合、返済期間の延長を申し出たり、借り換えをしたりすることにより、毎月の返済額を抑えることに応じてくれる可能性があります。

金融機関にしてみれば、返済期間を延長することにより、利子総額を多く得ることができれば、結果的に儲け額が大きくなるというメリットがあるからです。

また、家族の入院などで一時的な費用が必要で、一定期間のみ住宅ローンの返済が厳しいけれど、その後はまた安定して返済が可能だと思われる人は、一定期間のみ住宅ローン返済額を軽減してもらうよう申し出ると、応じてくれる可能性もあります。

しかし、ひとたび延滞が起こると、金融機関からの信頼を損ないますので、上記のような対策に対して金融機関からOKがでる可能性が極めて低くなりますので、くれぐれも早め早めに相談することをお勧めします。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!