• HOME
  • 住宅ローンの破綻

住宅ローンが破綻した時は?

今回は、住宅ローンが破綻した場合についてお話したいと思います。

世界的な不況が続いていますが、リストラや会社の倒産などで収入がなくなったり、働き続けられている場合でも、ボーナスが削減されたり、ワークシェアリングなどで給料が下がったりと、当初予定していた住宅ローンの返済ができなくなってしまうケースが増えているようです。

住宅ローンの返済が滞ってしまったら、いったいどうなるのでしょう?

怖いお兄さん達がやってきて、「金を出せ!」と凄まれるのでしょうか。どこかの職員がやってきて、「この建物は競売にかけられますので、即刻退去してください」といわれるのでしょうか。

例えば、ローン支払い期日をうっかり忘れていて、入金をしていなかったなどの場合、即刻金融機関に入金することが可能であれば、特に問題はないように思います。

私も、土地の代金の一部を変動金利型ローンで支払っていますが、金利が変動して月々の支払い金額が増額されたことをうっかり忘れていて、前月と同じ入金をしていたところ、ローンの引き落としができませんでした。

その際は、銀行のお姉さんから電話がかかってきて、入金額が足りないことを教えてくれました。

また、来月のボーナスが入金しないと支払えない、などの場合についても、1〜3ヶ月程度であれば、督促状が郵送されてくる程度で済むようです。

しかし、期日以内に返済ができなかったことは金融機関の中の情報として記録される、あるいは、個人信用情報として記録され各金融機関が情報を共有する状況になります。

その場合、その銀行からあるいは、どの金融機関からも新たな借り換えなどの融資やその他のローンを断られる可能性があります。

さらに、延滞が進むとどうなるのでしょう? 

金融機関は、保証会社へローン残額を弁済する申請を行います。延滞が始まってからどのくらいの期間で弁済の申請を行うかは金融機関にもよりますが、住宅金融支援機構から融資を受けている場合は6ヶ月、民間の金融機関の場合は3ヶ月程度だといわれています。

保証会社がローンの弁済を行ったとしても、ローンの債務がなくなるわけではありません。債権者が金融機関から保証会社に変わるだけで、今度は、保証会社にローンの支払い義務ができます。

その後、保証会社は裁判所へ担保物件の競売の申し立てを行います。

競売で誰も落札されない場合には、まだしばらくその住宅に住むこともできますが、誰かが落札すると、担保物件はその人の所有物にかわり、速やかに明け渡さなくてはなりません。

しかし、これでは終わらない場合があります。住宅ローンの種類にもよりますが、競売で落札された価格がローン残高に満たなかった場合、その差額分を引き続き支払う義務を負います。

住宅を失うばかりでなく、まだ借金が残った状態になる危険性があるわけです。

このような事態に陥らないよう、くれぐれも住宅ローンを組む際は、リスクを減らす工夫をする必要があると思います。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!