• HOME
  • フラット50住宅ローン

フラット50住宅ローンの特徴は?

今回は、フラット50についてお話したいと思います。

フラット35は、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している長期固定金利型の住宅ローンです。

フラット50とは、購入する受託が長期優良住宅の認定をうけた場合、ローン返済期間を最大50年までとすることができる制度を指します。

フラット50が適用できるための住宅の要件は、フラット35の技術基準を満たし、かつ、認定長期優良住宅であることです。フラット35の場合には、住宅ローンの借り入可能額は100万円以上8000万円以下で、住宅の購入額の100%までOKしたが、フラット50では、住宅ローンの借り入可能額は100万円以上6,000万円以下で、建設費または購入価額の60%以内という制限があります。

ただし、フラット35とフラット50を併用すれば、購入価額の100%のローンを組むことも可能です。

また、申し込み時の年齢が44歳未満であり、完済時に80歳以下である必要があります。

最長期間である50年間のローンを組む場合、30歳以下である必要があります。フラット50を親子リレー返済で利用する場合には、申し込み時の年齢が44歳以上でもOKです。

さて、フラット50のメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?

まず、メリットとしては、返済期間が50年間となることにより、月々のローン返済額を下げることができそうです。

特に30歳以下の若い世代には、年収もまださほど多くないでしょうから、毎月のローン返済の負担が減ればメリットはありそうです。

また、親子リレー返済を選択される場合にも長期間だけれど月々の支払いが少ないということはメリットになりそうです。月々の支払いが実際にどの程度少なくなるかは、後で検討したいと思います。

一方、考えられるデメリットは、長期間のローンとなることで、金利が高くなることが予想される点、利子の総支払額が多くなるであろう点が挙げられます。

では、実際にシミュレーションをしてみましょう。まず、現在の金利状況を調べてみます。元利均等返済方式で3000万円の融資をうけると仮定します。例えば、りそな銀行のフラット35(買取型)タイプAの2011年3月時点の年利は2.58%(21年以上)です。

それに対し、フラット50(買取型)タイプAの年利は3.48%になっています。この条件で総支払額がどの程度変わるか計算してみます。

まず、フラット35の35年ローンの場合、月々の支払額は約9万円、総支払額は約4559万円になります。

これに対しフラット50の50年ローンの場合、月々の支払額は約10.6万円、総支払額は約6335万円になります。

総支払額はフラット50の方が多くなるだろうと予測していましたが、その差は1776万円も多くなります。

月々の支払額は予想に反してフラット50の方が1.6万円多くなりました。

年利の差が大きいため、返済年数を多くしたからといって月々の返済額が減るわけではありません。

こうして考えると、フラット50を選択する理由がほとんどないように思います。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!