• HOME
  • 団体信用生命保険とは

住宅ローンの団体信用生命保険の概要

今回は、団体信用生命保険についてお話したいと思います。

一般に、住宅ローンは高額な借入れになりますから、ローン申込者が働けなくなるなど安定した収入を得られなくなると、ローンが破綻するおそれが高くなります。

その最たるものが、病気や事故でローン申込者が死亡するというものです。多くの金融機関では、ローン申込者が死亡または重度障害になるリスクを回避するために、団体信用生命保険への加入を義務付けています。

団体信用生命保険では、基本的にローン申込者を対象として、ローン残額と同額の保険を掛けておきます。

そうすれば、ローンの返済途中に返済者が死亡したり、高度障害状態になったりした場合でも、保険金でローン残額を返済することができます。

言葉は悪いですが、いわゆる「死んだらチャラ」ということになります。

住宅ローンは、多くの場合1人または2人程度の収入により返済されますから、その大黒柱にもしものことがありローンの返済が滞ると、担保となっている土地や建物は差し押さえられ、家族は家を放棄しなくてはなりません。

団体信用生命保険に加入していると、基本的にはそのような悲惨な状態になることはないので、大変いい制度だと思います。また、団体で加入することにより、一般的な生命保険より割安になっています。

この団体信用生命保険の保険料を誰が支払うかは、金融機関や商品によって異なります。

住宅金融支援機構が旧住宅金融公庫だった頃、フラット35などの商品を直接融資していましたが、そのころのフラット35では、団体信用生命保険の加入は義務付けられていませんでした。ローンの申込者が任意で保険に加入するかどうかを選ぶので、保険料はローン申込者が支払うことになります。

一方、民間の銀行などでは、団体信用生命保険の保険料を金融機関側が支払うという商品も結構あります。これは、団体信用生命保険の保険料分が年利などに含まれている、と解釈したほうがいいかもしれません。

私は、旧住宅金融公庫でフラット35の住宅ローンを組みました。団体信用生命保険は任意でしたが、加入することを選択しました。

万一の時に、家族に世帯主の収入が無くなるばかりではなく、家まで無くなるというリスクを負わせないためです。その代償として、毎年結構な額の保険料を支払っていますが。

団体信用生命保険は、基本的にローン申込時に加入するかどうかを決めるチャンスがあり、ローン支払いの途中から加入するということは認められていません。

もし、それが認められていたら、病気などによる死亡リスクの少ない若いうちは入らずに、中年になったあたりから入る、などの選択肢ができていいんだけどなぁ、と思いますが。。。。そんなに甘くはないですね。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!