• HOME
  • 住宅ローンと火災保険

住宅ローンの火災保険とは?

今回は、火災保険についてお話したいと思います。

住宅ローンに関係する保険にはいろいろな種類のものがありますが、火災保険は、団体信用生命保険と並んで、最も重要な保険の一つです。

何故、重要なのかというと、一言で言えばローン破綻のリスクを低減することができるからです。

団体信用生命保険の場合は、ローン債務者の生命や健康が損なわれる状態になった時、安定した収入が得られなくなることに対するリスクを低減します。

火災保険の場合は、ローンの担保となっている住宅が火災などで失われてしまうリスクを低減するわけです。生命保険と火災保険により、人や物に対する損失リスクをそれぞれ下げることができます。

一般に、住宅ローンは長期にわたりますので、返済期間中に思いもよらぬアクシデントに遭遇する危険性があります。

仮に火災が起こって、住宅が全焼した状況を考えてみましょう。

この場合、まず住むところが無くなります。さらに、住宅ローンは残っていますので、返済を続けなければなりません。2重の困難が一度に襲ってくるわけです。

火災保険に加入していた場合、どのようになるでしょうか?

何を対象に火災保険に加入するかにもよりますが、例えば、住宅の再調達価格分の保険に加入した場合、燃えてしまった住宅を撤去する費用や、建物を立て直す間の借家の費用などはかかりますが、おおざっぱにいえば、建物をそっくり立て直すだけの資金が返ってくることになります。

そうすると、残りの住宅ローンを今まで通り支払っていけば済むということになります。

火災保険に加入していない状態に比べ、困難の度合いが低くなっていることは、いうまでもないでしょう。

以前は、住宅ローンを申請すると、住宅が建った際にほぼ強制的に火災保険に加入させられるケースが多かったと思います。

強制的に加入させられる場合には、質権設定をすることが住宅ローン認可の条件になっていることが多いようです。

質権設定とは、不幸にも火災が発生し、火災保険の支払いが生じた場合、火災保険の契約者(ローン債務者)ではなく、金融機関などのローン債権者の方へ優先的に火災保険金を支払うという契約を指します。

金融機関にしてみれば、火災が発生した際、住宅を再建するなどの方向へ保険金が流れ、ローンの返済に支障をきたすような事態を避けたいということです。

最近は、火災保険の加入が義務ではない住宅ローンを扱っている金融機関も増えてきました。

その場合でも、「火災保険には入った方がいいですよ」と勧められるケースや、「火災保険にはもちろん入られますよね」などと、暗に強制であるかのように口頭で伝えてくるケースなどがあるようです。

住宅ローンを申請する際、火災保険が強制かどうか、また質権設定をする必要があるかなどを、きちんと確認しておくことをお勧めします。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!