• HOME
  • 自由選択型の住宅ローン

自由選択型住宅ローンの特徴は?

今回は、自由選択型ローンについてお話したいと思います。

いままで、数回にわたって、住宅ローンの返済タイプをみてきました。一般的なローンのスタイルは「固定金利型ローン」、「固定金利選択型ローン」、「変動金利型ローン」の3種類です。

その3種類の中では、固定金利選択型ローンは、固定金利型ローンと変動金利型ローンの中間的な特徴を持ち、一番自由度が高いといえます。

最近、さらに自由度の高いローンスタイルが現れました。それは、自由選択型ローンです。それは、固定金利型ローンと変動金利型ローンを自由に選択できるスタイルです。

ここまで聞くと、「それは、固定金利選択型ローンと同じではないか?」 と思われる方もおられると思いますが、固定金利選択型ローンよりさらに自由度が高まっています。

固定金利選択型ローンでは、契約当初は2年、3年、5年、7年、10年などの一定期間、固定金利を選択することになります。また、一旦変動金利型に切り替えると、再び固定金利に戻ることができない商品もあります。

契約当初に変動金利を選択したければ、変動金利型ローンを選択するしかなく、その場合、途中で固定金利型に切り替えることはできませんでした。

自由選択型ローンでは、契約当初から、変動金利型と固定金利型を自由に選択することができます。

このシステムの最大のメリットは、契約当初のみ変動金利型を選択することができることです。ある時点の金利は、変動金利型が他のスタイルに比べて最も低いので、相対的に年収が低い若い時代、つまり、契約当初の支払い額を低く抑えたい、というニーズは相当高いと思います。

さらに現在の低金利時代がこの先まだまだ続きそうなので、金利が上がってくるまでは、変動金利型を選択したいと思う方も多いのではないでしょうか。

ただし、自由選択といっても、変動金利型と固定金利型をいつでも自由に切り替えられるわけではありません。変動金利型から固定金利型へ切り替える時には、毎月の返済日にあわせて変更が可能となる金融機関が多いようです。

逆に、固定金利から変動金利へ切り替える際には、固定金利の設定期間が終了するタイミングでないと切り替えができませんので、注意が必要です。

また、金融機関によっては、切り替え時に手数料が必要な場合も多いのということも覚えておいたほうがいいと思います。

私が住宅ローンを組んだ5年前には、自由選択型ローンはありませんでしたので、当時はこのスタイルが得か損かについての検討を行っていません。

変動金利型と固定金利型を自由に選択できるということはメリットも多そうに感じますが、ほんとうにそうでしょうか。その詳細については、別の機会に検討してお話したいと思います。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!