• HOME
  • 親子リレー返済とは?

住宅ローンの親子リレー返済って何?

今回は、親子リレー返済についてお話したいと思います。

親子リレーという名前だけ聞くと、運動会の競技みたいな響きがあり、なんとなくほのぼのとした感じを受けるのは、私だけでしょうか。

親子リレー返済は、親子二代で住宅ローンを完済する方法です。

住宅ローンを申し込む時に、子供(あるいは孫の場合もあります)を連帯債務者として、親が借りたローンを将来高齢などにより返済が困難になったときに、子供がローンを引き継いで返済します。

「我が子よ、わしは力尽きた。。。後は任せた!」というわけです。

この制度を利用すると、申し込み者が高齢であっても、引き継いでくれる子供さえいれば、住宅ローンを長期の返済期間で組むことができます。

一般に、住宅ローンでは、最終返済年齢が80歳を超えるようなローンを組むことはできません。

例えば、65歳の人は、最長でも15年のローンしか組むことが出来ないわけです。それを親子リレー返済にすると、フラット35(35年ローン)でも組むことができます。

ローンを子供が引き継いでくれれば気が楽だ、と思うか、子供に借金なんか残してたまるか、と思うかは、人それぞれでしょう。私は、できれば子供に負担をかけることはしたくないと考えています。

親子リレー返済を申し込むには、いくつかの要件をクリアする必要があります。住宅金融支援機構以外でも民間の金融機関などで取り扱っています。要件は一定ではなく、会社によって違うようです。では、その代表的な要件を見てみましょう。

1.年齢
借入申込時の年齢が70歳未満であることが条件になるころが多いようです。商品によっては、80歳までOKというところもあるようです。

2.後継者
申込者の子供で、定期的な収入がある。申込者に子供がいない場合は、申込者の親族でも後継者になれる場合があるようです。申込者の配偶者は一般的には後継者にはなれません。

3.後継者との同居
後継者は申込者と融資住宅に同居している必要があります。融資住宅にすぐに同居しなくても、将来、同居を予定していれば大丈夫のようです。

4.後継者の年齢
後継者は20歳以上である必要があるケースが多いようです。さらに、最終返済時に70歳以下であるという要件がある場合もあります。

5.共有持分
将来同居予定の後継者も融資住宅を共有する場合、後継者の共有持分は2分の1以下とします。

6.他の融資
後継者は、現在、他の融資を受けていない人でなくてはなりません。

私の場合は、子供がまだ小さいので、親子リレー返済の要件には当てはまりません。将来今の家が古くなって、建て替える歳には、「後は任せた!」といってみようかなぁ。。。「そんなの、知らない」と断られるでしょうね。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!