• HOME
  • 住宅ローンの諸費用・団体信用生命保険料

住宅ローンの諸費用・団体信用生命保険料とは?

今回は、団体信用生命保険料についてお話したいと思います。

団体信用生命保険(団信と略します)は、住宅ローン残高と同額の生命保険をかけ、死亡したり高度障害になったりした時に支払われる保険金で住宅ローンを清算するしくみです。

団体扱いになるので、一般の生命保険より割安になっているというメリットもあります。

ローン支払い者は一般に大黒柱で、一家の主要な収入を稼ぐ人の場合が多いので、その人に万一のことがあると、たちまちローンの支払いが困難になるケースが多いと思います。

団信に加入していると、残された家族がローンを肩代わりする必要がないので安心です。前回の住宅ローンの保証料などとは違い、ローン破綻のリスクが直接軽減できるので、この団体信用生命保険料は非常によい制度だと思います。

さて、どの程度の保険料を支払うのでしょうか? 住宅金融支援機構の団信である、機構団体信用生命保険特約制度を利用した場合を例に計算してみましょう。

借入額を3000万円として、年利3%の元利均等返済で35年ローンを組むと仮定します。3大疾病特約はつけず、1人で加入したとします。

その場合、1年目は10万7300円の生命保険料を支払います。年々ローン残高が減っていくので、保険料も安くなっていきます。

最終の35年目は2,700円です。35年間の保険料の総額は223万6300円になります。保険料だけでかなりの金額になります。

基本的には、1年ずつ保険料を支払いますので、住宅ローン加入時に支払う金額は11万円弱ですみます。2年目以降も、少しずつ安くはなりますが、ローンの支払いに加えて毎年保険料を払い続けることになるので、ローン契約時にあらかじめ支払い額のイメージをつかんでおく必要があります。

同じ借り入れ条件で、3大疾病特約をつけた場合には、35年間の保険料の総額は341万円6600円になります。

また、夫婦二人で生命保険に加入するデュエットでは、347万円9000円になります。どちらもベースとなる3大疾病特約をつけない1人加入時の1.5倍程度の保険金が必要になります。

ちなみに、デュエットでは3大疾病特約をつけることはできません。

民間の金融機関の住宅ローンでは、団体信用生命保険に加入することが必須条件になっているケースがほとんどです。

生命保険に加入できない場合は、住宅ローンが認可されません。

多くの場合、ローン申込者が保険料を支払う必要はありません。これは、保険料に相当する0.3%程度の金利が、ローンの年利に上乗せされているからです。

どちらのタイプが得かは、団体信用生命保険料だけでなく、年利や保証料の有無など総合的に判断する必要があります。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!