• HOME
  • 住宅ローン申し込み拠出金

住宅ローンの申し込み拠出金って何?

今回は、申し込み拠出金についてお話したいと思います。

一般に、住宅を購入する際、全体の支払い計画は住宅ローンを前提に考えることになる場合が多いですが、住宅ローンを契約する前にも、いろいろな段階でいろいろな名目のお金を支払うことになります。

それぞれのお金が持つ意味合いが違うので、注意が必要です。前回お話した手付金などもその一つです。

手付金と似た言葉で、申し込み金と呼ばれるものがあります。この2つの言葉はよく混合されますが、全く別の物です。

申し込み金は正確には、「申し込み拠出金」といいます。「預かり金」といわれたりもします。

申し込み拠出金は、売買を契約する前に買主が契約の意思を示し、売主に対して順位保全を申し入れるためのお金です。

契約が成立した際には、手付金の一部として充当されます。また、契約が成立しなければ全額返金されます。金額としては、5〜10万円程度が相場のようです。

つまり、手付金は売買契約を結んだときに支払い、売主もしくは買主が契約を一方的に解除するときの没収金という意味合いで支払います。

申し込み拠出金は、契約を行う前に買主側が「前向きに契約について検討したいと思っています。ひやかしではありません。」という意思を売主に対して示すものです。

また、「この申し込み拠出金により、ある程度の期間は、優先的に売買契約を締結できるよう考慮して下さい。」とお願いする意味もあります。

ですから、双方が合意に至らず、売買契約を締結できなければ、売主側は買主側に無利息で全額返金しなければなりません。

よく、手付金と混同され、一度支払った申し込み拠出金は返還されないなどの話を聞きますが、もし売主側が申し込み拠出金を返還しない場合、しかるべき場所へ訴えることができます。

大手のハウスメーカーなどでは、さすがに両者を混同した説明をすることはほとんどありませんが、中小の不動産などでは、手付金と申し込み拠出金が混同されて使われたり、逆の意味で使われたりすることがあります。

例えば、気に入った物件が見つかって、もう一度家に帰って冷静になってから家族と相談したい、などと申し入れた際、「それでは、仮押さえをしておきますから、手付金を払ってください」といわれ、言われるがままに金額を支払うという場合です。

いろいろ考えた結果、その物件の購入をやめようと思っても、「手付金ですから返還できません」などと平気でいってくるケースがありますが、これは、売主側が完全に違反です。

このようなトラブルを避けるためには、契約前や契約時に支払うお金がなんという名前で、どういう意味を持っていて、どのような条件で返金されるのかを、できれば文書で支払う前にきちんと確認することが大切です。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!