• HOME
  • 中古住宅のリフォームローン

住宅ローンとリフォームローン

今回は、リフォームローンについてお話したいと思います。

例えば、中古住宅を購入した場合、自分なりに住宅を改築したいと思うこともあると思います。

一般に中古住宅は新築住宅より価格が安いため、浮いた費用の一部をリフォームに充てたいという考えも、ある意味当然かもしれません。

私の周りにも、風呂とトイレだけは、前の人が使ったものを使い続ける気がしない、とか、家族構成にあわせて間取りの一部を変更したい、などと中古住宅の購入と同時にリフォームをあわせて行うケースが多いようです。

リフォーム費用を現金で準備できれば問題ありませんが、借入れする予定の場合には、どのようなスタイルのローンにするかを検討する必要があります。

一般に、リフォームに利用できるローンは、担保が必要な住宅ローンと、担保が必要ないリフォームローンに分かれます。

住宅ローンの場合、中古住宅の購入に住宅ローンを組んで、さらにリフォームのための住宅ローンを組むと、再度抵当権を設定する必要があり、手間も費用も余分にかかります。

できれば、中古住宅購入代金とリフォーム代金を一括して住宅ローンとして融資してもらうことをお勧めします。

その際には、リフォームに必要な代金を中古住宅購入時にきちんと把握しておき、ただでさえ時間的にタイトな中古住宅のローン手続きに加え、リフォーム計画も同時に行う必要があります。

リフォームローンは、抵当権設定の必要がなく、手軽に借りることができますが、一般に返済期間が短く、最長でも15年程度です。

また、金利も住宅ローンに比べて高いため、リフォーム分のローン返済負担が大きくなる場合があるので、注意が必要です。

例えば、中古住宅のローンを元本2000万円、30年固定金利(年利3%)、元利均等返済で組んだ場合、月々のローン返済額は8万4320円、総返済額は3035万5200円になります。

さらに、リフォーム代金として元本500万円、10年固定金利(年利6%)元利均等返済のリフォームローンで組んだ場合、月々のローン返済額は5万5510円、総返済額は666万1200円になります。

ローン開始後10年間は、月々の返済額が14万円近くになります。その人の年収などにもよりますが、かなり厳しいローン返済計画かもしれません。

住宅ローンに組み込んだ場合はどうなるでしょうか。元本2500万円を30年固定金利(年利3%)、元利均等返済で組んだ場合、月々のローン返済額は10万5401円、総返済額は3794万4360円になります。

総返済額は中古住宅ローン+リフォームローンより多くなりますが、月々の支払額の増加分はだいぶ抑えられることになります。

どちらのローンのタイプが正解ということはなく、ケース・バイ・ケースになりますが、ご自分のローン返済計画に無理が生じないよう、十分検討されることをお勧めします。

住宅ローン審査落ちたくない方におすすめランキング!